初めての単身赴任!住む物件はすぐに決めないといけない?自宅に帰る頻度はどうする?

Posted on 2019年5月28日 by


物件は赴任までに決める必要はない

全国的に支店や支社などがある会社で総合職なら転勤を命じられる可能性があります。人事の一環としてある程度余裕をもって辞令が出るときもあれば、人材調整で急に命じられるときもあるでしょう。1か月後や1週間後付けになるときもあり、現地での物件を慌てて探そうとする人もいます。家族で引越しをするなら家族に物件探しをお願いできますが、単身赴任となると自分で探さないといけないでしょう。ただあまり慌てすぎるのは好ましくなく、引継ぎなどが終わってからゆっくり決めるくらいの気持ちを持っておくと良いでしょう。慌てたために住みにくい物件に決めてしまい、引越しや賃料などを会社が負担してくれたりすると変更しにくくなる可能性があります。

自宅に帰宅する計画を立てておく

単身赴任をするようになると、家族が住む家と仕事のために住む家の2つを利用する生活になるでしょう。単身赴任の場所により週末ごとに帰れる場合もあれば、遠方になると1か月ぐらいは家族の元に帰れないこともあります。金銭的な問題は会社の負担もあるのでそれほど気にならないでしょうが、移動の肉体的な負担を考えるとなかなか帰れなくなるときもあるでしょう。そこで単身赴任をするときは家族のいる家に帰宅する頻度などの計画を立て、その通りに帰るようにしましょう。鉄道で数時間で帰れるところなら毎週末、飛行機を利用しないといけないなら1か月から2か月に一度等計画を立てると帰る準備がしやすくなります。家族としても予定が分かっている方が食事の用意などがしやすいでしょう。

単身赴任の家具を自宅から持ってくるのも大変ですし、買ってしまえば単身赴任が終わった時にそれを処分しないといけないです。そんな時はレンタルを利用すれば良いです。最後は業者が引き取ってくれます。

単身赴任の家電ならこちら