ローソファが似合うお家とは、どんなお家?

Posted on 2018年8月31日 by


ローソファの良いところ

ローソファーとは、基本的に高さが低いソファーのことです。地面に近い高さで。座布団より少し高い位置に座って、背もたれがあるようなものになります。ソファ自体の位置が低いので、視界の邪魔にならず視野が開け、空間が広く見えます。ゆったりと座ることが出来て、コタツなどの机の下にも足を延ばしやすいという利点があります。小さな子供が座っていても高いソファに比べ、安心できます。ソファタイプによっては、そのままベットに変形できるタイプも販売されています。一人暮らしの人は友人を泊める用に使用することも可能です。

ローソファの残念なところ

くつろぐには最適なローソファですが、残念なところがあります。足腰の悪い方やスカートを履いた女性などには少々座りにくい点があります。座るための動作が高いソファより大きい点が原因です。そして地面に近い分ソファ自体に足がなく、その部分の床掃除ができません。しっかりしたソファですと動かすのも一苦労です。久々に動かすとホコリが溜まってることがあります。

ローソファの向いているお家

良い点・悪い点から言える合うお家とは、リビングを少しでも広く見せたい方、ゆっくりとくつろぎたい方です。そのままコタツに足を入れうたた寝したい方にはピッタリかもしれません。小さいお子様にも座りやすく家族団らんしやすいです。ファミリー層向きといえるかもしれませんね。サイズは小さめですが安価なものも多く、軽いものもあります。一人暮らしの方にも合うものが多いです。引っ越しの際にも持ち運びやすいです。

ローソファーは座椅子よりも少し高い程度のソファーで、通常のソファーに比べると視覚的な圧迫感が小さいため狭い部屋に置いても広く感じられるという特色があります。

ローソファーの通販の方はこちら