こんなにあるの?婚約指輪のデザインと選び方

Posted on 2018年8月30日 by


婚約指輪のデザインとは

プロポーズをした後に必要となってくるのが、婚約した証である婚約指輪です。サプライズで指輪を用意したいという男性も多いと思いますが、女性の趣味に合わない指輪を選んでしまうと喜んでもらえない可能性もあるため注意が必要です。また、長く使ってもらうためにはファッションリングではなく、年を取っても使ってもらえるデザインを選ぶことが重要となります。
定番なのがソリティアの爪ありデザインです。ソリティアとは一粒ダイヤのことで、ダイヤモンドが爪に持ち上げられて石の部分が高い状態になっているデザインです。ダイヤモンドが色々な角度から光が入って強い輝きになります。オーソドックスなデザインですので、長く使えます。
ソリティア爪なしは、ダイヤが高くなく指輪に止めた状態のものです。石が目立たないため上品なデザインで、シーンを選ばず付けられます。
メレはメインのダイヤの横に0.2カラット以下のダイヤモンドを組み合わせたデザインです。石が小ぶりでもゴージャスなのが特徴です。

婚約指輪の選び方について

いろいろなデザインがありますが、どれを選んだらよいのかわからないということもあります。相手の趣味を考慮して選ぶことも重要ですが、どんなときにつけるかなども考えて選んでいきます。
毎日つけるという場合には、爪ありは邪魔になってしまうためなるべくシンプルなものを選ぶようにしていきます。
出かけるときにつけるという場合には華やかなものを、大事なときにだけつけるという場合にはフォーマルにも似合うものを選んでいくのがオススメです。

結婚が決まったら、男性から女性へプレゼントする指輪を婚約指輪と呼び、一般的に給料の2~3か月分の金額の指輪を選びます。

婚約指輪なら銀座の詳細
お問い合せ