どんな指輪があるの?結婚指輪のデザインと素材

Posted on 2018年8月30日 by


結婚指輪のデザインとは

結婚指輪は結婚式に結婚の証として交換する指輪ですが、デザインは自由で長くつけていられる指輪であることが重要です。最近では、二人の趣味にあったものやファッションに似合うデザインを決めることも多くなっています。一般的な購入価格としては、20~25万円程度の価格帯で購入することが多く、男性はシンプルにして値段を落とし、女性の方がダイヤモンドなどで値段が高くなるのが普通です。デザインは大きく分けると5つに分けられます。ストレートはシンプルだからこそ飽きのこないデザインで、職場でも抵抗なくつけられます。ウィーブは、波打つような優美なラインの形状で柔らかな印象になります。V字・U字はとんがったポイントに視線の集中しやすいタイプで、幅広は文字通り幅の広いデザインで目立ちやすくおしゃれな男性に好まれます。エタニティーは全面にダイヤモンドが敷き詰められたタイプです。

オススメの素材について

素材も色々ありますが、特に人気なのがプラチナです。プラチナは希少性、耐久性、加工のしやすさなど総合的に優れている貴金属で、ダイヤモンドの輝きも引き出せますが、貴金属の中では最も値が張る素材です。欧米ではメジャーなのがゴールドです。カジュアル感があるため普段使いに適している素材です。金属の配合を変えることで、ピンクやイエロー、シルバーなど様々なカラーを選べます。
近年注目されているプラチナに似た、パラジウムです。希少性が高くメッキなしで白い輝きを保ちますが、低価格で軽く、長く身につけるのにオススメです。金属アレルギーが心配ならチタンもオススメです。強度や軽さ、耐熱性などに優れており、軽く長時間つけていても負担が少ない素材です。

結婚指輪の現在の相場は、2人で約26万円ですが、結婚する年代によっても変わってきます。24歳以下なら約23万円、35歳以上なら約30万円とややばらつきがあります。

オフィシャルサイト