まだ周りがやっていない演出でいいものはある?迷っているならこれがおすすめ!

Posted on 2018年8月30日 by


目新しいけれど奇抜じゃないところがいい

人とは違った新しいタイプの演出を自分たちの結婚式に取り入れたいと思っていても、あまりに派手であったり奇抜だと親世代のゲストからは好まれないことがありますよね。せっかく自分たちの為に集まってくれたのだから、なるべくたくさんの人から喜ばれるような式にしたい、そのための演出が知りたい!と思っている人におすすめなのが、ユニティキャンドルセレモニーです。ロウソクを使った演出は魅力的に感じるものの、キャンドルサービスは定番化しているので物足りないと思っている人にはいいのではないでしょうか。合計で3本のロウソクを使う演出で、欧米では広く行われています。スタンドの中央に設置された太いロウソクに新郎新婦が一緒に点火をしますが、これまで全く別の家庭で生まれ育った男女が、新しい家族を作っていけるようにという意味が込められているんですよ。

披露宴などでやる際のポイントは何?

まずはセレモニー用のキャンドルとスタンドを用意しないことには始まりませんよね。これらはブライダルグッズの専門店などで取り扱っています。スタンドのデザインのパターンも色々あるので、式場の雰囲気や他の飾りつけとの相性などを考えて最適なものを選んでください。ユニティキャンドルセレモニーを知らない人も多いので、最初に説明をすることも忘れずに。キャンドルに点火する人と順番も決まっています。最初に左右のキャンドルに両家の代表が点火した後で、中央のキャンドルへ新郎新婦が点火する流れです。この演出の終わり方には特に決まりはないので、自由にアイデアを盛り込んでみましょう。

古都鎌倉の中心に佇み、約800年の歴史がある鶴岡八幡宮で結婚式を挙げられます。境内中心部の舞殿が挙式の舞台です。

鎌倉での前撮りとは